人生の大舞台!結婚式で美しく綺麗になるためにブライダルエステへ行こう!ブライダルエステについて様々な情報をご紹介しています!

ブライダルエステのケア2

ブライダルエステのケアには様々な種類があります。当ページでは、ブライダルエステのケア内容についてご紹介していきます。

シェービング

顔や胸元、首、肩、背中、腕など、ウェディングドレスに覆われていない部分の産毛をきれいさっぱり剃り落とします。

産毛というとあってもなくても大差ないような印象を受けがちですが、実はこれが大違いなのです。産毛があると化粧ののりが悪く、また照明に当たってうっすら影を作ってしまうのです。つまり実際よりも肌の色が暗くなります。肌の色で人を差別する意図は毛頭ありませんが、純白のウェディングドレスに白い肌が映えるというのは否定できないところでしょう。

シェービングで産毛を処理すると皮膚の表面は滑らかになり、化粧ののりは確実に上がります。肌にも透明感が生まれ、花嫁の輝きはいや増します。ただしシェービングで肌を痛める可能性もあるので結婚式の遅くとも2〜3日前、敏感肌の人は1週間前くらいには済ませておきたいところでしょう。

剃刀は理容師の資格がないと扱えないためシェービングを行っていないエステサロンもあれば、電気シェーバーを用いた「ソフトシェービング」を行っているサロンもあるようです。

リムーバー(脱毛)

最近主流となっているビスチェタイプのウェディングドレスの場合、脇毛の処理もしておいた方が無難でしょう。ワックスを使用した脱毛が一番手軽ですが、いずれ脱毛方法も直後は皮膚や毛穴に赤みが残ってしまうので、ある程度時間的余裕をもって行うべきだと思います。脱毛方法には以下のものがあります。

ワックス脱毛

脱毛専用のワックスを利用し広範囲のむだ毛を一挙に引き抜きます。永久脱毛効果はありませんが、2〜3週間はツルツル状態が維持出来るでしょう。最近は肌に優しいワックス剤も開発されているようですが、それでも皮膚の負担は小さくなく、痛みもあるようです。

光脱毛

メラニンに選択的に吸収される波長の光線を毛根部分に当て破壊することで永久的な脱毛効果を狙った機械です。ですが、エステサロンの光脱毛機器は出力が制限されていて、永久脱毛効果があるかどうかははっきりしていないようです。痛みは小さく、IPL脱毛やフラッシュ脱毛などの名称でも知られています。

電気脱毛

針を毛穴のひとつひとつに差込み、電流を流すことで毛根部を破壊し永久脱毛を実現してくれます。古くから行われている方法で、脱毛の永久性は確認されているようです。ただし施術の痛みが大きく、時間もかかるようです。

注)エステサロンで脱毛による熱傷などの報告があるようなので注意して行いましょう!

 

注目サイト

横浜でユニットバスのリフォームするなら
http://pb-reform.jp/bathroom/

最終更新日:2016/12/27

ブライダルエステのケアブライダルエステのケア2スケジュールの立て方ブライダルエステの種類